So-net無料ブログ作成
検索選択

"第三の男-The Third Man"(1949) [movie-t]

何となく、昔の映画が観たくなってAmazonで衝動買いしてしまったのがこちら。



『第三の男』『市民ケーン』『ジェーン・エア』三作でなんと999円の大特価。
『市民ケーン』は学生のときに観ていたものの、他の二作は未見だったので、
せっかくなので購入してみることにする。


日本では某メーカーのビールのCMで有名なアントン・カラスのツィターの音色で幕を開けるこの作品。
作中もこの『ハリー・ライムのテーマ』はしつこいくらいに様々な使われ方をしている。
原作はグレアム・グリーンが脚本を書き下ろしたフィルム・ノワール。
第二次大戦直後のウィーン。米・ソ・英・仏の四カ国により、
四分割統治されるこの街に、アメリカからホリー・マーチンス(ジョセフ・コットン)という一人の小説家がやってくる。
彼はハリー・ライム(オーソン・ウェルズ)という友人に呼ばれこの街に来たのだけれど、
その当の友人が、彼が来る直前に交通事故で亡くなったと知らされる。
ライムの葬儀に立ち会ったホリーは、イギリス軍のキャロウェイ少佐から、
彼が闇取引をしていた悪人だと知らされるが、信じることができない。
彼の死の状況に疑問を持ち、独自に事件の調査をはじめたホリーは、
ライムの恋人アンナに出会い、二人で事件の目撃者である宿の門衛に話を聞き、
現場に未知の<第三の男>がいたことを突き止めるが、門衛は何者かに殺害され、
ホリーがその犯人と疑われて警察に追われる羽目になってしまう…

展開はスピード感があり、せりふ回しもいちいちしゃれているのが憎い。
光と影の使い方にも圧倒させられる。
1カット1カットが計算しつくされ、無駄な贅肉のようなものが一切ない。
驚嘆すべきセンスだと思う。
特にホリーがハリーを見かけるも見失ってしまうシーンの猫の使い方、光の使い方。
影の中に浮かび上がるハリー=オーソン・ウェルズの微妙な表情の作り方の巧さ。
観覧車のシーンでの計算しつくされた絶妙なアングル。緊張感を誘うやり取り。
クライマックスの下水道での追跡劇の計算しつくされた影の動き。
ラスト、一発の銃声の行方を観客に想像させる余裕の演出。
伏線を幾重にも張ったプロットの絶妙さも素晴らしい。
そしてエンディングまで余韻を残す一人の女と二人の男の関係性。
私が『好きになる』映画とは何とはなしに肌合いが違うのだけれど、
どこを切り取っても、名作、の名に恥じない映画だと思った。
the third man.jpg

THE THIRD MAN
第三の男
1949/UK/105min

監督:キャロル・リード
製作:キャロル・リード
デヴィッド・O・セルズニック
アレクサンダー・コルダ
原作:グレアム・グリーン
脚本:グレアム・グリーン
撮影:ロバート・クラスカー
音楽:アントン・カラス
出演:ジョセフ・コットン/オーソン・ウェルズ/アリダ・ヴァリ
トレヴァー・ハワード/バーナード・リー/ジェフリー・キーン/エルンスト・ドイッチュ

こちらも捨てがたい、淀川さん解説付き^^

第三の男【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

第三の男【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: IVC,Ltd.(VC)(D)
  • メディア: DVD


アメリカの巨匠 オーソン・ウェルズ DVD-BOX

アメリカの巨匠 オーソン・ウェルズ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: IVC,Ltd.(VC)(D)
  • メディア: DVD



"TRAINING DAY-トレーニングデイ"(2001) [movie-t]

昨日テレビをつけたらゴールデングローブ賞の結果をやっていた。
『英国王のスピーチ』のコリンファースが主演男優賞、
『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンが主演女優賞、
そして作品賞・脚本賞、監督賞、作曲賞の4部門を制したのが、
私も気になっていた『ソーシャル・ネットワーク』。
twitterでもピックアップされているけれど、
こういう作品が選ばれること自体が時代の空気なのかな、と言う気がする。
どの作品も観ていないのでその結果に対する感想は言いづらいけれど、
それよりも、ナタリー・ポートマンが今年30歳!!!というのにびっくり。
『レオン』のあの子がこんな立派になって…時の経つ早さって恐ろしい(笑)。

さて、ちょっと前に観ていた作品、『トレーニングデイ』。
デンゼル・ワシントンが珍しく悪役を、というので当時話題になっていたような気がするが、
なぜかずっと観られていなかった。

初めて刑事として麻薬取締課に配属されたイーサン・ホーク演じるジェイク。
彼が初めて勤務する、その最初の一日を描いた映画だ。
脚本がとてもいい。
ジェイクの上司役のデンゼル・ワシントン演じるアロンゾが、どういう刑事なのかを少しずつ引き出して、
観客に彼がどういう人間なのかを次第に分からせるように書かれている。
キャスティングが先か、脚本が先か、その辺りの事情はよくわからないけれど、
たった一日を一本の映画に仕上げるのだから、それなりにディテールに凝ったり、
短い時間でも色々なシークエンスを重ね、脇役の思惑などを重ねて、状況を観客に悟らせる。
traningday 002.jpg
CAUTION!!
**この後の文章にはストーリーの一部が記載されています。
---------------------------------..
そんな大層なことでもない、あたりまえのことかもしれないけれど、
はっきりとジェイク=善、アロンゾ=悪、という図式にしてしまわずに、
はじめのうちは未熟な新人刑事のジェイクが、必死でベテラン刑事アロンゾが彼に課す
「試練」についていこうとする、刑事物のある種典型的な形をとっており、
そのうちにアロンゾの本性をジェイクが測りかね、疑問に思い始める雰囲気がうまく書かれていると思った。
アロンゾはただ単に自分の保身のために新人刑事を犠牲にしようとしていただけかもしれない。
なぜ彼がこういう刑事になったのか、彼の理論が彼の中で正義になったのか、
それが語られることはないけれど、最後にはジェイクvsアロンゾの対立関係が露わになる。
前提条件として、不正に手を染めても検挙率が高いアロンゾが社会に対して悪なのか、
融通をきかせず、それが捜査の障害になったとしても、
ただただ一筋にゆるぎない信念で動くジェイクが善なのか、
体裁として、悪は滅びるという形はとっていても、結局その判断は観客にゆだねられる気がする。
また、彼ら二人に対する周囲の反応も面白い。
監督としてはもう少しさらにディテールに凝りたかったかもしれないと思わされた。
(DVDでは未公開シーンもついているが、やむを得ずカットしたんだろうと思わせるようないいシーン、
本編を観ただけでは理解しきれない人もいたのではないかと思わせる個所を補完するようなシーンが多かった)

また、賛否両論、個人的な好みはあるかもしれないけれど、
イーサン・ホークは予想外によかったし、
デンゼルの演技はやはり彼がなぜ常に一線で活躍できる俳優なのかがわかるようなものだった。
私の好みからは外れているし、少しあざといところもみえないではないので、
手放しで最高!!大好き!!という作品ではないけれど、
ラストの顛末の余韻も含め、少し考えさせられる作品だった。
traningday 001.jpg

余談だけれど、この作品にはミュージックシーンからも興味深い面々が参加している。
ドラッグの売人役のスヌープ・ドギー・ドッグ、アロンゾの悪ーい部下役のドクター・ドレは納得だけれど、
個人的に一番びっくりしたのが、刑務所に収監中のギャングのボスの奥さん役のメイシー・グレイ。

出演時間は短かったものの、こんな味のあるいい歌声を聴かせる彼女が、
ビッチ役にはまっているのが観ていて面白かった。
…確かに貫禄はあるけれど(笑)。

traningday 003.jpg

TRAINING DAY
トレーニング デイ
2011/USA/122min

監督:アントワーン・フークア
脚本:デヴィッド・エアー
編集:コンラッド・バフ
音楽:マーク・マンシーナ
出演:デンゼル・ワシントン/イーサン・ホーク/スコット・グレン/エヴァ・メンデス/シャーロット・アヤナ
トム・ベレンジャー/スヌープ・ドッグ/ハリス・ユーリン/レイモンド・J・バリー/クリフ・カーティス
レイモンド・クルツ/ドクター・ドレー/メイシー・グレイ

トレーニング デイ 特別版 [DVD]

トレーニング デイ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



このアルバムの"I Try"という曲が最高。

オン・ハウ・ライフ・イズ

オン・ハウ・ライフ・イズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1999/09/08
  • メディア: CD



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る