So-net無料ブログ作成
movie-な行 ブログトップ

人間失格(2009) [movie-な行]

「恥の多い生涯を送って来ました」

という印象的な一文で始まる手記を基に、
大庭葉蔵というひとりの男の生涯を世に紹介するという形で書かれた、太宰治の代表作『人間失格』。
最近猪瀬直樹が書いた太宰の自伝『ピカレスク』を読んで、
いくつか太宰の著作を読み返していたこともあって、DVDを借りて観る。

元が広く知られた名作なだけに、それに伴う演出の難しさは想像に難くない。
個人的に映画と原作は別物、とも思っている。
…それにしても、まったくと言ってよいほど、原作の雰囲気を映画に持ち込むことができていなかった気がする。
あの、切れの良い文体の迫ってくるような切実さ、キャラクターの生々しさが、
残念ながらかけらも再現されていなかった気がする。

中には、大庭葉蔵を堕落させる悪友堀木を演じる伊勢谷友介(堀木のキャラクターにしてはいい男過ぎだけれど)や、
葉蔵を信じてやまない妻良子を演じる石原さとみ(こちらはイメージ通り)、
平目役の石橋蓮司のあくの強さ、バーのマダム律子役の大楠道代など、
これはいい、と思えるキャスティングもされていたけれど、
はじめに心中を図る相手、常子の寺島しのぶは年増過ぎ、
最後に葉蔵を世話する女中鉄に三田佳子を持ってくるアンバランスさなど、
私からはキャスティングミスに見える、役者自体に失礼ではないかと思わされるような配役が目立つ。
豪華キャストと銘打たれて恥じない面々だけに、本当に残念。
ストーリーの流れには基本的に忠実であるので、
中途半端さが何とも言えない後味の悪さを醸し出している。
太宰生誕100周年を記念して、角川映画で『人間失格』、監督は荒戸源次郎で、
原作を題材にして新しいものを作ろうとしていたのかもしれないけれど、
私は観ている間、終始居心地の悪さを感じてしまった。

主演の生田斗真に関してはコメントを避けたいと思う。
あまり彼の映画を観たことがないので、この作品だけで判断したくないし、
私が原作や伝記を読んだ直後で、
あまりに確固たるイメージを作り過ぎていたが為に、
彼の演じる葉蔵=太宰をマイナス面においてだけ批評してしまいたくなっているだけ、とも考えられるので。

原作は、いい意味でも悪い意味でも本当に強い衝撃を受けた作品だったので、
あえてそういう作品は映画を観ない、という姿勢も必要なのかもしれない、と思わされた。
私の中での太宰像があまりに確固たるものであった、というだけなのか、それとも…

挿入歌、大貫妙子の『アヴェ・マリア』は素晴らしく、
映像は美しかったので、そこは原作には表現できない良さだとは思った。



人間失格001.jpg

人間失格
2009/JPN/134min

監督:荒戸源次郎
製作総指揮:角川歴彦
企画:角川歴彦
原作:太宰治
脚本:浦沢義雄/鈴木棟也
撮影:浜田毅
美術:今村力
衣装デザイン:宮本まさ江
編集:奥原好幸
音楽:中島ノブユキ
出演:生田斗真/伊勢谷友介/寺島しのぶ/石原さとみ/小池栄子
坂井真紀/森田剛/石橋蓮司/室井滋/大楠道代/三田佳子

原作は、読まずに観た方がよいかもしれません。

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 文庫


人間失格 豪華版 [DVD]

人間失格 豪華版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


人間失格 [DVD]

人間失格 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


興味深く読めた一冊。

ピカレスク 太宰治伝 (文春文庫)

ピカレスク 太宰治伝 (文春文庫)

  • 作者: 猪瀬 直樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 文庫


太宰の奥さんの回想録。様々なエピソードを元に綴られている。
他の女との太宰の死を眼の前にして、すごくつらかっただろうに、強い人だと思った。津島佑子の母。

回想の太宰治 (講談社文芸文庫 つH 1)

回想の太宰治 (講談社文芸文庫 つH 1)

  • 作者: 津島 美知子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/03/10
  • メディア: 文庫



movie-な行 ブログトップ
メッセージを送る