So-net無料ブログ作成
検索選択

"THE NAMESAKE-その名にちなんで"(2006) [movie-n]

『停電の夜に』でピューリッツア賞やO・ヘンリー賞などを受賞した、
インド系イギリス人ジュンパ・ラヒリの『その名にちなんで』が原作の映画。
もともとどちらも原作を読んでいたので、ずっと気になっていた。

インドからアメリカへ。
人種的にも文化的にもかけ離れた土地で生きてゆくインド人(ベンガル人)夫婦と、
その子供のことを描いている。
thenamesake 003.jpg
原作も、淡々とした語り口で、過剰にも、不足にも、どちらにも偏ることなく、
アメリカで暮らしてゆく夫婦とその子供たちのことを綴っている。
映画化で原作の雰囲気が壊されているという感じはしない。
原作に寄りそうような監督の目線は、
監督も同じくインド出身であり、女性であるということと無縁ではないだろう。

インドでお見合いで出会ったアショケとアシマ。
渡米後も彼らを取り巻くインド社会と、彼らの独特の風俗、慣習は興味深い。
thenamesake.jpg
お見合いの前に、アシマがアショケの靴をためし履きするシーンが印象的だ。
ほとんど知らない相手と結婚し、渡米し、その地の風土や気候に戸惑い、
何となく相手に馴染み愛し合うようになり、子供が生まれ、少しずつ歳を重ねてゆく。
thenamesake 001.jpg
そんな生活の合間に起こる数々の出来事。
そのどれもがありそうなこと、と片付けてしまうこともできるのだけれど、
アショケとアシマ夫妻のありようを決定づけているのは、
彼らがベンガル人であるということ、
そして、結婚前にアショケが遭遇した大きな列車事故におけるドラマツルギー。
事故の直前に会話した男性の「海外に出て経験を積め」という言葉と、
アショケが事故の直前に読んでいたニコライ・ゴーゴリの「外套」。
列車事故のあと、その本の端きれを手にしていたことによってそれが目印となり、彼は奇跡的に救出される。
もし、その偶然の重なりがなければ、アメリカに行くことも、
そしてアシマと結婚し、息子と娘が生まれることもなかった。
それゆえ息子にゴーゴリという愛称をつけるのだ。
その名前を通して次の世代である息子ゴーゴリの物語も膨らんでゆく。
thenamesake 002.jpg

特に「ここがすごい」と大騒ぎしたくなる雰囲気の映画ではない。
けれど、人種や国を超えた、家族だからこそわかり合うのに時間がかかる、
その何とも言えないやるせなさを巧く表現していると感じた。
アシマ役のタブーは美しく、そして細かいところまでこの役に寄り添う技量があった。
私は女性なので彼女寄りの視点で観てしまったけれど、
男性ならば父アショケや息子ゴーゴリの視点で観てしまうのではないだろうか。
ところ変われど、人と家族、その本質は変わらないと思った。
thenamesake 004.jpg

THE NAMESAKE
その名にちなんで(2006)
2006/USA=INDIA/122min

監督:ミーラー・ナーイル
製作:リディア・ディーン・ピルチャー/ミーラー・ナーイル
原作:ジュンパ・ラヒリ『その名にちなんで』
脚本:スーニー・ターラープルワーラー
撮影:フレデリック・エルムズ
編集:アリソン・C・ジョンソン
音楽:ニティン・ソーニー
出演:カル・ペン/タブー/イルファン・カーン/ジャシンダ・バレット
ズレイカ・ロビンソン/ライナス・ローチ/ブルック・スミス/ジュンパ・ラヒリ



その名にちなんで (特別編) [DVD]

その名にちなんで (特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


原作も。
その名にちなんで (新潮クレスト・ブックス)

その名にちなんで (新潮クレスト・ブックス)

  • 作者: ジュンパ・ラヒリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/07/31
  • メディア: 単行本


私はこちらの方が好きでした。
停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)

停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)

  • 作者: ジュンパ ラヒリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

NINE(2009) [movie-n]

引っ越し準備でバタバタしているけれど、
前売りを買っていたのに観そびれていた"NINE"をぎりぎりで観に行く。

私の大好きなフェリーニの8 1/2を下敷きにしたブロードウェイミュージカルが原作。
けれど下敷きにされたという8 1/2の存在はこの際忘れたほうが良いみたいだ。
設定の類似と女性への憧憬と男の弱さについて描かれている以外には、
まったく別のベクトルに向かっている作品だからだ。
舞台は1960年代のローマ。
著名な映画監督グイドの新作は、「イタリア」というタイトルと、主演女優と、壮大なスケールの作品、
ということが決まっているだけで、自身が書く脚本もまったく進まず、彼は救い難いスランプに陥っている。
そんな現実に加え、女性の間での葛藤、
グイドの存在を包みこんでなお素晴らしい女性陣の存在感、
それらがこの作品を作り出していると言っていいと思う。

純粋に素晴らしいエンタテインメント。
グイドという愛すべきろくでなしを軸に回転する、すばらしき女たちの競演を観る、それだけで充分だと思う。
キャスティングも秀逸。
おおらかな愛でグイドを包む母親役に大御所ソフィア・ローレン、
NINE 002.jpg
盟友であるスタイリスト役に、ジュディ・デンチ、
NINE 006.jpg
妻にマリオン・コティヤール、
NINE 003.jpg
愛人にペネロペ・クルス、
NINE 007.jpg
主演女優にニコール・キッドマン、
NINE 005.jpg
グイドを誘惑するVogue誌の記者役にケイト・ハドソン。
NINE 004.jpg
そして圧巻が少年時代のグイドに鮮烈な記憶を残す娼婦サラギーナ役にファーギー。
NINE 008.jpg
それぞれのキャラクターを生かした楽曲、歌、ダンス、それぞれの魅力が存分に詰まったミュージカル。
こういう映画はこうでなくては、と思う。
ジュディ・デンチやソフィア・ローレンの圧巻の舞台、
フレッシュで自信に満ちたケイト・ハドソン。
誰もその魅力にあらがえないだろうと想像できる、小悪魔的なぺネロぺ・クルス。
一途で清純なマリオン・コティヤール。そして小悪魔どころか悪魔的な魅力のファーギー。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズがその役の小ささにオファーを蹴った主演女優役の二コールだけ、
やはりちょっと役どころに物足りなさは感じたけれど…。
どの女優もみんな肉感的で女の魅力たっぷり。
次々と矢継ぎ早に登場する女性たちの間で右往左往する、
そんなグイド役を演じるダニエル・デイ=ルイスもまた「うまい」役者だと思った。
元はハビエル・バルデムがやる役だったということで、
もし本当に彼がやっていたとしたらまた全然違う雰囲気の作品に仕上がっていただろうと思う。

とはいえ、別の境界へ向かいながらも、
随所にみられる8 1/2へのオマージュはいい意味でこの映画のスパイスとなりえている。
フェリーニ万歳。

あぁ、そして久しぶりにイタリアに行きたくなった。


NINE 001.jpg
NINE
2009/USA/118min

監督:ロブ・マーシャル
原作:アーサー・コピット
脚本:アンソニー・ミンゲラ/マイケル・トルキン
撮影:ディオン・ビーブ
衣装デザイン: コリーン・アトウッド
編集:クレア・シンプソン/ワイアット・スミス
振付:ジョン・デルーカ/ロブ・マーシャル
音楽:モーリー・イェストン/アンドレア・グエラ
出演: ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ
ケイト・ハドソン/ニコール・キッドマン/ソフィア・ローレン/ファーギーリッキー・トニャッツィ

元ネタ"8 1/2"
映画好きならこれは観ないと。
8 1/2 普及版 [DVD]

8 1/2 普及版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD


曲を聴いてイマジネーション膨らませましょ。
NINE

NINE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: CD


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る