So-net無料ブログ作成
検索選択
movie-number ブログトップ

"(500) DAYS OF SUMMER"-(500)日のサマー(2009) [movie-number]

最後までシャネル&ストラヴィンスキーとどちらを観るか迷って、
ちょっと軽めのこちらをチョイス。
"(500)日のサマー" @渋谷シネクイント
500 days of summer 001.jpg

渋谷はよく出没しているのにここに来るのは本当に久しぶり。
学生時代はたまに観に行っていたけれど、
ロビーの狭さとか、エレベーターが混むところとか、全然変わってません。
私見ですが座席の具合とか、スクリーンの具合とか、若者しかいない所(笑)が、
『ちょっとグレードの高い視聴覚室』みたいな雰囲気。

さて久しぶりの軽めの恋愛ストーリー…とおもったけれど、
冒頭から、これはBOY MEETS GIRL STORYだけれど、LOVE STORYではない、と注釈がつく。
グリーティングカード会社(そんな会社が存在すること自体がアメリカっぽい)で働く建築家志望のトムは、
日本でなら草食系男子と称されそうなロマンチストな男の子で、運命の恋を信じている。
一方、そんな彼が恋するサマーはキュートだけれど、運命の恋など信じない、すごくクールな女の子。
ストーリーはそんな二人の恋愛模様を500日という時間軸で区切って、
その時間軸を行ったり来たりしながらテンポよく見せてゆく。
ただし、サマーの主観は一切描かれず、ひたすらトムの側から観たストーリーで展開されてゆく。
監督はPV界出身のマーク・ウェッブ。
初めての長編ながら、キャラクターの描き方やテンポの良さ、音楽のセンスの良さはさすが。


CAUTION!!
**この後の文章にはストーリーの一部も記載されています。
-------------------------------------------------------------------
トムとサマーは会社で出会い、少しずつ打ち解け、
彼はすぐに彼女にぞっこんになり、これこそ運命の出会い、運命の人と思いこむ。
一方のサマーはトムに対し好意を持ち、その魅力を振りまきながらも、真剣に付き合う気がない。
そんな彼女に彼は振り回されっぱなし。
トムの恋愛における気分のあがりさがりは映像でわかりやすく演出され、女の子でも共感できる。
彼が事あるごとに相談する妹や悪友2人のキャラクターもとてもいい。
個人的にはトムの気持ちも、サマーの気持ちも理解できる。
一途に思いつめるトムのような恋し方も、
好意を持ちながらもトムのことを運命の人と位置づけられず(というか運命の人、という観念もなく)、
でも好意は持っているから一緒にいたいと思う気持ちに偽りはないというサマーのことも。
サマーは結局トムのことを人としてはとても好きだったんだと思う。
トムは彼女に振り回されたことで自分の殻を破ることができ、色んな意味で次へのステップを踏み出す。
そしてサマー自身の決着も。
オチも「あぁ、そういうことね!!」っていう感じで少し笑えたけれど。

主役のふたりは現代(いま)の空気をすごくよくあらわしている俳優たちと言えるだろう。
私はふたりとも名前を知らなかったのだけれど、ハリウッドでは人気の若手らしい。
(後で思い出したらゾーイの方は「あの頃ペニーレインで」でちょっとだけだけれど観ていた)
ゾーイ・デシャネルのファニーな顔立ちやくるくるよく動く表情はすごく可愛いし、
ジョゼフ=ゴードン=レヴィットの、好みではないけどすらっとした着こなしや、
目じりの下がった柔らかい顔立ちも好感が持てる。
ゾーイは女優だけでなくSHE&HIMというユニットとして音楽活動も行っていて、
私の好きなブランド、Oliver Peoplesとサングラスのコラボもしているらしい。知らなかった。
OP-Zooey.jpg
可愛い…。ちょっとばかり物欲にも火がつく。
最近前髪を伸ばしているけれど、ゾーイみたいなぱっつん前髪にちょっと戻したくなったりして。

そして、ばっちり映画に合っているBGM、
トムが愛する建築物が立ち並ぶLAの街並み、
サマーのキュートなアメリカンガール風ファッションも見どころのひとつ。
サントラが渋谷の街から消えたというのもあながち嘘ではないと思う(映画館では売り切れ)。
この映画で、LAってこんなにおしゃれな街だったっけ(行ったことはないけど…)??とちょっと見直したりもした。
手放しで最高!!ここがすごい!!というタイプの映画ではないけれど、
そんなちょっとした「いいところ」の集合体のような映画だと思う。


500 days of summer 003.jpg500 days of summer 002.jpg500 days of summer 004.jpg

(500) DAYS OF SUMMER(2009)
(500)日のサマー
2009/USA/96min

監督: マーク・ウェブ
撮影: エリック・スティールバーグ
衣装デザイン: ホープ・ハナフィン
音楽監修: アンドレア・フォン・フォースター
出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ゾーイ・デシャネル/ジェフリー・エアンド
マシュー・グレイ・ガブラー/クロエ・グレース・モレッツ/ミンカ・ケリー オータム

(500) Days of Summer [DVD] [Import]

(500) Days of Summer [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD


(500) Days of Summer

(500) Days of Summer

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2009/09/08
  • メディア: CD


(500) Days of Summer

(500) Days of Summer

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sire/London/Rhino
  • 発売日: 2009/09/21
  • メディア: CD


サントラでとくによかったアーティストThe Temper Trap

コンディションズ

コンディションズ

  • アーティスト: ザ・テンパー・トラップ
  • 出版社/メーカー: ホステス
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: CD


Regina Spektor 映画の主題歌"Us"も入っています。

ファー

ファー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/01/13
  • メディア: CD


私の好きなFEIST

レット・イット・ダイ

レット・イット・ダイ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2009/03/04
  • メディア: CD



"25th Hour-25時(2003)" [movie-number]

公開時に観て以来なんとなく心に残っていた映画。
DVDを買って久しぶりに観返してみた。
スパイク・リー監督、エドワード・ノートン主演の『25時』。

9.11以後のNYという、今までと違うNYの姿を、
麻薬不法所持で7年間の刑務所生活が決まった売人、
モンティが収監されるまでの1日を通して描いている。
その最後の一日、モンティは愛犬、恋人、親友のジェイコブとフランク、そして父と過ごすが…。
とにかく作りこみ方が半端ではない。
随所にスパイク・リーのこだわりが感じられる。
オープニングで使われている、深夜の明るいNYの街のバックに青白くそそり立つライトの光は、
グラウンド・ゼロの追悼の光。
これが深夜、ふっと消える瞬間を撮っている。
その瞬間、ただ光が消えたというだけではない、何かしらの意思のようなものが感じられる。


CAUTION!!
**この後の文章にはストーリーの一部も記載されています。
------------------------
ジェイコブとフランクがフランクの部屋で、モンティについて語り合う場面は圧巻だ。
ふたりが窓から夜景を見下ろすと、そこは復旧作業に追われるグラウンド・ゼロ。
この作品のキャスティングはスパイク・リー自身が「最高」と語る通り、
隙のないメンバーがそろっているが、私の一押しはフランク役のバリー・ペッパー。
『プライベート・ライアン』の優秀でクールな狙撃手役の頃から、
いい俳優だなとは思っていたけれど、この作品を観てさらに好きになった。
冷静で、皮肉屋だけれど、実は熱いキャラをやらせたら最高。好みのタイプです。
好きなシーンは色々あるけれど、
ひとつは、モンティが父親と夕食をとっている最中、たまらなくなってトイレに立ち、
トイレの鏡のFUCKYOU!という落書きを見て、心情を吐露する場面。
鏡の向こうのモンティが自分の周囲の人々に悪態をつく。
警官や神父など道徳的な職業の人々、恋人や父親、親友をもこき下ろし、
また、韓国系やイタリア系、プエルトリカン、黒人を蔑む。
そういうモンティ自身はアイリッシュ系アメリカ人だ。
そこにNYの様々な映像が流れ込んできて、
そのテンポの良さや、鬼気迫る感じは、何というか、胸がつまってしまう。
また、モンティが親友ふたりに頼んだことを実行してもらう場面。
そしてラスト、モンティが父親に刑務所まで送ってもらう間、
父親が語るモンティの「もうひとつの人生」。
あまりに美しすぎて、涙無しには見られない。
様々なこだわりが連なってひとつの作品として完成しているのだ。
何度でも、細部まで観たいと思える映画のひとつ。

25hours 001.jpg25hours 002.jpg
"25th Hour-25時"
2003/アメリカ/2h16min

監督:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジョン・キリク、トビー・マグワイア、ジュリア・チャスマン 
撮影:ロドリーゴ・プリエト 音楽:テレンス・ブランチャード 
出演:エドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、
バリー・ペッパー、ロザリオ・ドースン、アンナ・パキン

25時 [DVD]

25時 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD


25時 スペシャル・エディション [DVD]

25時 スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD


25時【廉価2500円版】 [DVD]

25時【廉価2500円版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アスミック
  • メディア: DVD



"8 1/2"-はっかにぶんのいち(1963) [movie-number]

ずっと、ほしかったDVDを買いました。

フェデリコ・フェリーニの"8 1/2"
公開から45年。
初めてビデオで観た時も、特定のシーンに鮮烈な思い出を刻まれた映画。
フェリーニの自伝的作品ながら非現実の感覚と女性への想いが投影された、
唯一無二の作品。
フェリーニ作品に出てくる女性は強烈なまでに美しく、生身、と言う感じがする。
クールな女も、感情的な女も、そして強烈な個性に形作られたアイコン的な女性も。
男なら…もう少し見方は変わるかなと思うのだけれど。
子供時代の回想シーンとラストの海辺のシーンは、
何度観ても、「こんなシーンは誰にも撮れるものではない」
とフェリーニの特別さをあらためて感じさせられるとともに、
映画は祝祭であり、そういった意味では、
真に祝祭的=映画的な作品の中でも
「8 1/2」はダントツにその存在感をあらわしていると言えるだろう。
ラストシーンは何回でも何万回でも観たい。そんな映画。

water58008.jpg
8 1/2:はっかにぶんのいち
1963/イタリア/140min

監督: フェデリコ・フェリーニ
製作: アンジェロ・リッツォーリ
脚本: フェデリコ・フェリーニ/トゥリオ・ピネッリ/エンニオ・フライアーノ/ブルネッロ・ロンディ
撮影: ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
音楽: ニーノ・ロータ
出演: マルチェロ・マストロヤンニ/アヌーク・エーメ/クラウディア・カルディナーレ
サンドラ・ミーロ/バーバラ・スティール


8 1/2 愛蔵版 [DVD]

8 1/2 愛蔵版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: IMAGICA TV
  • メディア: DVD



8 1/2 普及版 [DVD]

8 1/2 普及版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD



movie-number ブログトップ
メッセージを送る