So-net無料ブログ作成
検索選択

"GOOD BYE 2010, HELLO 2011" with Francois Truffaut [movie]

あけましておめでとうございます。
昨年は12月にこれでもか、と言うほどしつこく身体を壊したので、
今年は大人しく実家~自宅でのんびり年末年始を過ごしました。

さて、本年初映画館観賞作品はというと、懐かしのトリュフォーです。
偶然会社近くのカフェに置いてあるのを見つけたトリュフォーの本が面白くて、
たまにランチ食べつつ読み進めているのですが、
意外と観ていない作品、観返したい作品が多いことに気づき、
年末年始、早稲田松竹で特集されているのを2作品観賞。

件の本は多分廃刊になっていると思われる、
トリュフォーの語録で編集された『トリュフォーによるトリュフォー』と言う本。
彼の孤独な生い立ちや、『大人は判ってくれない』さながらの青春から、
批評家として、映画監督としてのキャリア、
各作品についてトリュフォー自身の言葉で語られている。
ヌーヴェルバーグと言うとゴダールとともに名前の挙がるトリュフォーだけれど、
その作品は難解と言うことはなく、実にシンプルでスピード感に溢れる作品が多い。
そして彼がどれほど映画というものを愛しているか、その事実だけでも、
トリュフォーの作品とその名前が後世に残ることを確固たるものにしていると思う。
この年末年始に観たのは『突然炎のごとく』と『ピアニストを撃て』。
どちらも娯楽色の強い、前者はラブストーリー、後者はフィルムノワールを下敷きにした作品だ。
『突然炎のごとく』はジャンヌ・モロー演じる自由奔放な女性カトリーヌと、
彼女に振り回されるふたりの男、ジュールとジムを描いた恋愛物。
活劇のようなナレーションと場面転換のテンポの良さで、観る人を飽きさせない作品になっている。
恋愛感情的なものが介在すると、男二人に女一人という図式は、
女性の側からすると案外居心地良いものだと思う。
片方のジェラシーをかきたてつつ、一方を相手と選び、しかしもう片方とも恋愛的なものを楽しむ、
外見もタイプも全く違う男二人に愛される、女冥利に尽きるシチュエーションだけれど、
それもカトリーヌ役のジャンヌ・モローの、いわく言い難い魅力があって成立するものだと言えるだろう。
不条理な展開や、カトリーヌの奔放さに倫理的かつ生理的嫌悪を抱く人も少なくないかもしれない。
けれど、私は女のどうしようもなさ、男の情けなさ、
舞台となる1900年代初頭のパリの雰囲気を感じるだけで、この作品の面白さは成立していると思う。
ゴダールはこの作品に触発され『気狂いピエロ』を撮ったとも言われる。
ちなみに私の敬愛する女優はアンナ・カリーナ&ジャンヌ・モロー。
どちらもファム・ファタールだと思いますが、
なかなか現実的には(しかも日本では)そうもいかないようです。
劇中ジャンヌ・モローが口ずさむ"つむじ風"のような、粋で刹那的でちょっとした淋しさの残る、そんな作品。

jule et jim.jpg

"JULES ET JIM"
突然炎のごとく
1961/FRA/107min

監督:フランソワ・トリュフォー
原作:アンリ=ピエール・ロシェ
脚本:フランソワ・トリュフォー/ジャン・グリュオー
撮影:ラウール・クタール
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
出演:ジャンヌ・モロー/オスカー・ウェルナー/アンリ・セール/マリー・デュボワ
サビーヌ・オードパン/ミシェル・シュボール

さて、もう一本の『ピアニストを撃て』はそのスピード感とパリのカフェの雰囲気と、ラストシーンが大好きな作品。
原作は未読ですがアメリカのデイビッド・グーディスの小説『ピアニストを撃て』で、
そのタイトルは、かつてアメリカの西部の酒場では、
貴重なピアニストを保護するために「ピアニストを撃たないでください」と貼り紙がしてあったという逸話からきているという。
とてもクールなタイトルで、トリュフォーたっての希望で主演をはった、
シャンソン歌手シャルル・アズナブールの雰囲気に、とてもよく合う映画に仕上がっていると思う。
そのシャルル・アズナブール演じる、
かつて世間をにぎわせた天才ピアニスト、エドゥアール・サローヤンは、妻との間のある事件をきっかけに、
世間から身を隠し、シャルリ・コレールという名でカフェで雇われピアニストとして生きていた。
そんな彼が兄弟の起こした事件に巻き込まれると同時に、彼に興味を持ったカフェのウェイトレス、
レナとの関係を巻き込んでストーリーが展開していく。
こちらも『突然炎のごとく』のように、テンポよくスピーディにストーリーが展開してゆく。
カメラの揺れ、構図の甘さもライブ感を増幅させ、
いかにも、なパリの雰囲気、少々強引なストーリー展開を生き生きと見せる。
トリュフォーの作品は自身を投影してか主人公が男性の作品が多いけれど、
そんな主人公以上に女優陣が魅力的な作品が多い。
この作品も、ヒロイン、レナを演じるマリー・デュボワのひたむきなキャラクターと明るい笑顔も魅力的だけれど、
pianist 003.jpg
シャルリの元妻を演じる夭逝した女優ニコル・ベルジェや、
シャルリに好意的な娼婦クラリスを演じるミシェール・メルシエなど、
pianist.jpg
コケットリィをふんだんに併せ持つ女性の出演者に事欠かない。
また、数々の欠点をおいても、ラストの雪のシーンが美しい。
このシーンに触発されて雪のシーンを撮った監督はきっと存在するはずだと思う。
『大人は判ってくれない』の次に好きな作品。
pianist 002.jpg

"TIREZ SUR LE PIANISTE"
ピアニストを撃て
1960/FRA/88min

監督:フランソワ・トリュフォー
製作:ピエール・ブラウンベルジェ
原作:デヴィッド・グーディス
脚本:フランソワ・トリュフォー/マルセル・ムーシー
撮影:ラウール・クタール
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
出演:シャルル・アズナヴール/マリー・デュボワ/ニコール・ベルジェ
ミシェール・メルシェ/アルベール・レミー



突然炎のごとく〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選9〕 [DVD]

突然炎のごとく〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選9〕 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • メディア: DVD



ピアニストを撃て〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選5〕 [DVD]

ピアニストを撃て〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選5〕 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • メディア: DVD



私が気にいった『トリュフォーによるトリュフォー』は、
カフェの店員さんが古本屋で見つけた掘り出し物だそうです。
とても面白いのですが、多分廃刊。

トリュフォーによるトリュフォー

トリュフォーによるトリュフォー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: リブロポート
  • 発売日: 1994/09
  • メディア: 大型本


トリュフォー、ある映画的人生 (平凡社ライブラリー (422))

トリュフォー、ある映画的人生 (平凡社ライブラリー (422))

  • 作者: 山田 宏一
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

"The September Issue-ファッションが教えてくれること"(2009) [movie]

平日休みのいいところは…

1. 公共の施設が開いている(病院とか区役所とか銀行とかね)
2. 買い物がのんびりできる
3. 映画館や美術館がすいている

というわけで、余裕のある休日はもっぱら買い物か映画かアートに費やしているのですが…
今日は新宿バルト9のシネマチネ(平日15:30-18:00スタートの映画が1200円になるという、
お得なサービスがあるのに最近気付きました…)で観てきました。
いつも行く美容院の男の子(もちろん草食系)にも勧められた、
『ファッションが教えてくれること』

『プラダを着た悪魔』のモデルと言われる、
アメリカ版ヴォーグの名物編集長アナ・ウィンターとスタッフのドキュメンタリー。
物語は一年で最も重要といわれる秋の特大号9月号(September Issue)の校了までを軸として描かれている。
小気味良いテンポで流れるストーリーはスピーディで現実感にあふれ、
もちろん『プラダ~』より全然面白いし、
アナ・ウィンターの仕事に対して妥協を許さない姿勢は、
冷酷なようでいてなんだか小気味良い。
もちろん周囲との対立もしょっちゅう。
とくにクリエイティブ・ディレクターのグレイス・コディントン(70歳近いとは思えないその仕事ぶり!!)と彼女の対立ぶりは、
年配の女性同士(失礼!!)とは思えない容赦なさ。
でも長年一緒に仕事をしてお互いを認めてきた戦友だから言い合えるし、
最後に出来上がったものを見て得られる喜びはそんなふたりだからこそ分かち合える。
彼女たちの作るVOGUEはファッション誌として超一流、
それどころか世界一といっても過言ではないだろう。
ほとんどアメリカ版は読まないけれど、個人的にはVOGUE、大好きです。
いろんな雑誌がとっかえひっかえ創刊されても、やっぱりVOGUEだけは別格という気がします。

たかがファッション、されどファッション。
ただし、冒頭でアナが語るようにファッションは軽薄なものではないし、
一冊の雑誌でファッション界を変えてきた、一流の仕事人の舞台裏は本当に興味深い。
ひとつの世界を極めるために目標を持って仕事をすることの尊さは、
その舞台がどこであっても変わらない。
しかし、自分の一声でブランドがその方向性を変えたり、
トレンドがガラッと変わっちゃったりするなんて、一体どういう気分がするんだろうな…。

なんだかもやもやしたものを抱えながら仕事をしているのがばからしくなってしまうくらい、
仕事に対する根本的な姿勢を見直させられました。
働くってことは実際シンプルだし、甘くもないし、そんなに楽しいものではない。
ただ、結果として得られる達成感は…仕事でしか得られないものだったりするんだよね~。
どんなステージに立っていてもそれは一緒。

明日からまた頑張ろうっと。

"The September Issue"
2009/USA/90min
監督:R・J・カトラー
撮影:ロバート・リッチマン





Vogue [US] December 2009 (単号)

Vogue [US] December 2009 (単号)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Conde Nast
  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: 雑誌



In Vogue: The Illustrated History of the World's Most Famous Fashion Magazine

In Vogue: The Illustrated History of the World's Most Famous Fashion Magazine

  • 作者: Alberto Oliva
  • 出版社/メーカー: Rizzoli
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: ハードカバー



Vogue Fashion: Over 100 Years of Style by Decade and Designer, in Association With Vogue

Vogue Fashion: Over 100 Years of Style by Decade and Designer, in Association With Vogue

  • 作者: Linda Watson
  • 出版社/メーカー: Firefly Books Ltd
  • 発売日: 2008/10/10
  • メディア: ペーパーバック



Grace: Thirty Years of Fashion at Vogue

Grace: Thirty Years of Fashion at Vogue

  • 作者: Grace Coddington
  • 出版社/メーカー: Steidl
  • 発売日: 2002/09/15
  • メディア: ハードカバー



"ACROSS THE UNIVERSE"(2007) [movie]

ミュージカル、ミュージカル風、ミュージカル仕立ての映画。
どれもはっきり言って好きではありません。

でもなぜか、この作品は許せてしまった。

ビートルズマジックとでも呼ばせてもらいましょうか。

ヒッピーと反戦と…そしてお決まりの愛、家族との葛藤、友情、青春の苦悩…。
主人公の名前がジュードとルーシーなのも、
その他諸々の陳腐とも言えそうな設定も、
何もかも許せてしまうのは、やっぱりビートルズマジック??
不覚にも、純粋で、まっすぐで、そしてハッピーエンドなのもいいかなと思ってしまう。
さらには胡散臭いドラッグカルチャーのアイコンDr.ロバート役にU2のボノ、
そしてシンガー役のデイナ・ヒュークスが素晴らしい歌声と存在感で花を添えています。
豪華。

ちなみに"RENT"と"Jesus Christ Superstar"と"Chicago"と"Dancer in the Dark"と"ALL THAT JAZZ"
も許せるのだけど…って実はミュージカル映画好き??


アクロス・ザ・ユニバース(2007)
ACROSS THE UNIVERSE
131min/USA/2007

監督: ジュリー・テイモア
製作: スザンヌ・トッド/ジェニファー・トッド/マシュー・グロス
製作総指揮: デレク・ドーチー/ラッド・シモンズ/チャールズ・ニューワース
撮影: ブリュノ・デルボネル
プロダクションデザイン: マーク・フリードバーグ
衣装デザイン: アルバート・ウォルスキー
編集: フランソワーズ・ボノ
振付: ダニエル・エズラロウ
音楽: エリオット・ゴールデンサール
出演: エヴァン・レイチェル・ウッド/ジム・スタージェス/ジョー・アンダーソン
デイナ・ヒュークス/マーティン・ルーサー・マッコイ/T・V・カーピオ
ジョー・コッカー/ボノ/エディ・イザード/サルマ・ハエック


アクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

アクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



"smoke"(1995) [movie]

ここしばらく映画館には足を運んでいないものの、やっぱり映画は心の友です。
山のようなDVDコレクションから引っぱり出しては時々愉しむ作品のひとつ"スモーク"
題名はもちろん煙草の煙から来ています。
原作は大好きなポール・オースターの短編。脚本も彼が書いています。

NYブルックリンの街角で14年間毎日欠かさず街の写真を撮る煙草屋の主人、
奥さんを亡くしてからスランプに陥っている常連の作家、
そして何年も前に家族の前から姿を消した父親を捜す黒人の少年、
それぞれの人生模様を描きながら、彼らが交錯する様を描いたドラマ。
ウェイン・ワンという監督自体はそれほど好きではないのだけれど、
この作品だけはいつまでも、大切に観たいなと思う作品に仕上がっています。
何度見ても、10年以上前に、はじめてこの作品を見た時の、
静かに染み渡るような淡い感動を思い起こして、
ちょっとだけ胸が締め付けられるような感じを思い出して切なくなります。
温かく、切なく、でも押しつけがましくない空気感。
それは原作然り、俳優陣然り、得るべくして得られた空気感。

ラストの、モノクロームの映像に重なるTom Waits"Innocent When You Dream"の歌声がまた格別です。

スモーク(1995)
SMOKE
113min/USA-JPN/1995

監督: ウェイン・ワン
製作: ピーター・ニューマン/グレッグ・ジョンソン/ケンゾー・ホリコシ/ヒサミ・クロイワ
原作・脚本: ポール・オースター
撮影: アダム・ホレンダー
音楽: レイチェル・ポートマン
出演: ハーヴェイ・カイテル/ウィリアム・ハート/ストッカード・チャニング
ハロルド・ペリノー・Jr/フォレスト・ウィッテカー/アシュレイ・ジャッド
ジャレッド・ハリス/メアリー・ウォード/ジャンカルロ・エスポジート


SMOKE [DVD]

SMOKE [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



Franks Wild Years

Franks Wild Years

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal/Island
  • 発売日: 1990/06/15
  • メディア: CD


PCクラッシュ~"ERIN BROCKOVICH"(2000) [movie]

台風上陸です。
せっかくの休みなのにおかげさまで時間をもてあましてます。
だからなのか(笑)、購入後2年もたたないのにPCクラッシュで、
電話で延々2時間もvaio修理センターとやり取り。
最近本体がやたらめったら熱くなるし、
急に電源落ちるし、そんなこんなしていたら、ついにWindowsが立ち上がらなくなりました…。
vaioカスタマー担当とあーでもない、こーでもないといろいろ試して、
ようやく初期化に成功しましたが…まだまだ不安定なようです。
修理に出すよう勧められましたが…平均4万も修理費にかかるなんて、
新しいのかった方がいいんじゃ????
ホントVaioは壊れやすい。1代目Vaioのときに懲りたはずなのに、
結局探すとsonyになってしまうんだな、なぜか。

PCいじれないので、ずっと前に買って放っておいたDVD鑑賞。
スティーブン・ソダーバーグの"ERIN BROCKOVICH"
もちろん初見ではなくて、でも特に好きだと思わなかったのにTSUTAYAでなぜか買っておいた作品。
久しぶりに観て驚きました。

面白い!!!爽快!!!

で、深くて温かい。

特典映像のリアル"ERIN BROCKOVICH"見て驚きました。
ジュリア・ロバーツ演じる本人さながら、本当に魅力的で、エネルギッシュで、温かい。
実話の映画化ながら、かなりリアリティを大切にしている感じがひしひしと伝わってきました。

久しぶりに、思ったのは、
同じ映画でも見る側の精神状態によってやっぱり感じ方って違うなあってこと。

今の私は、たぶん前向き。

エリン・ブロコビッチ(2000)
ERIN BROCKOVICH
131min/USA/2000

監督: スティーヴン・ソダーバーグ
製作: ダニー・デヴィート/マイケル・シャンバーグ/ステイシー・シェア
脚本: スザンナ・グラント
撮影: エド・ラッハマン
音楽: トーマス・ニューマン
出演: ジュリア・ロバーツ/アルバート・フィニー/アーロン・エッカート
マージ・ヘルゲンバーガー/チェリー・ジョーンズ/ピーター・コヨーテ
ヴィエンヌ・コックス/スコッティ・リーヴェンワース/マイケル・ハーネイ
ジーナ・ガレゴ/ウェイド・アンドリュー・ウィリアムズ/シーラ・ショウ


エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [DVD]

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


メッセージを送る