So-net無料ブログ作成
検索選択

"さらばわが愛、覇王別姫-FAREWELL TO MY CONCUBINE"(1993) [movie-f]

いままで何百本も観てきた映画の中で、
時として「忘れ難い」と思える映画がある。
この、『さらば、わが愛/覇王別姫』もその一本。

演技に取りつかれ、演ずることにすべてを捧げてきたふたりの男の物語、
京劇『覇王別姫』を軸に、そして混迷する中国近代史を背景に描いた、壮大なストーリー。
話は彼らの少年時代にさかのぼる。

CAUTION!!
**この後の文章にはストーリーの一部が記載されています。
---------------------------------
世間と隔離され、多くの少年たちが日々過酷な練習を積む京劇一座。
そこに娼婦である母親にもてあまされた小豆(シャオトウのちの程蝶衣)が連れてこられる。
多指症のためにいったんは預かることを断られるが、
母親は何とその指を切り離してまで、彼を京劇の一座に無理やり引き取らせ、自分は振り返りもせず去ってゆく。
そのトラウマが小豆、後の程蝶衣を形作っていく伏線となる。
そんな小豆をなんとなく庇護するようになる石頭(シートウのちの段小楼)に、少しずつ心を開くようになる小豆。
つらい練習も慰めあいながら耐え抜く彼らに、転機になる出来事が訪れる。
学校を抜け出して京劇の芝居を見る小豆と友人は、
京劇の素晴らしさに圧倒され、泣きながら「京劇のスターになる」と誓うが、
友人はあまりの辛さに自ら縊れて死んでしまうのだ。
アクロバティックな演技が求められる華やかな舞台には、
苦しい下積みの期間が必要なのは言うまでもないけれど、
現代だったらそれこそ人権問題になりそうな過酷な練習、体罰が課せられる。
子役たちのそれこそ真に迫った役へのなりきりぶりは素晴らしい。
そしてすでにこの頃、小豆は石頭に同性愛的な思慕を寄せるようになる。
幼年、少年時代を丹念に描いていることが、
後の大人時代の出来事への伏線となり、素晴らしい効果をあげていると言ってよい。

大人になり、それぞれ程蝶衣と段小楼と名乗るようになった二人に、運命はとめどない試練を与える。
日中戦争前夜の北京で京劇のトップスターとなり、栄華と名声をほしいままにする二人。
子供時代と変わらず小楼へ思いを寄せる蝶衣に対して、
小楼は娼婦である菊仙を私生活のパートナーとして選ぶ。
娼婦である母に捨てられた蝶衣にとっては、裏切りにも等しい行為と思えただろう。
(そしてまたこの女がいいところで蝶衣の邪魔をするのだ(笑))
この菊仙役を演じるコン・リーも女の権化のような役へのなりきりぶりで、素晴らしい。
菊仙の登場で小楼へ失望した蝶衣は同性愛者である京劇界の重鎮・袁四爺の庇護を求め、
ついにはアヘンに溺れるようになる。
そんな彼をアヘンから救うのも、小楼だった。
中国軍、そして日本軍、文化大革命時には紅衛兵に翻弄されるふたり。
それでも舞台に対する想いは変わらなかった。
そして圧倒されるほど切ないエンディングへ。

中国の非常に難しい時代の歴史、京劇という特殊な社会、そして同性愛のことを描いているにもかかわらず、
この映画に感情移入できたのは、
程蝶衣の一途でひたむきな愛が現実からかけ離れたものに見えなかったから、だと思う。
レスリー・チャンの見た目の美しさだけではなく、心の内側の襞まですべて役になりきった根性と、
チェン・カイコーという鬼才のパートナーシップが生み出した、最高の傑作。
レスリー・チャンの早世が惜しむべきものだったのは間違いない。
farewell 002.jpg
映像の素晴らしさは言うに及ばず、
革命以前の華やかなりし中国文化の贅沢な舞台芸術、衣装、調度品の数々もすばらしい。
この作品を見るだけで、いかに文化大革命が文化的に多大な打撃を彼の国に与えたか想像に難くない。
そういう意味でもとても意味深い作品だと思う。
もう20年近く前の作品だとは思えないほど、いまだ色鮮やかに、抒情的に、
観る者の心に迫ってくる、そんな作品。

farewell 001.jpg

FAREWELL TO MY CONCUBINE
FAREWELL MY CONCUBINE
さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)
1993/HK/172min

監督:チェン・カイコー
原作:リー・ピクワー
脚本:リー・ピクワー
撮影:クー・チャンウェイ
音楽:チャオ・チーピン
出演:レスリー・チャン/チャン・フォンイー/コン・リー/グォ・ヨウ

さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD]

さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • メディア: DVD


レスリー・チャン出演作

ブエノスアイレス [DVD]

ブエノスアイレス [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

moz

素晴らしい作品のようですね。20年前なんだ・・・。
探してみてみようと思います。
by moz (2011-01-29 09:25) 

movielover

>>mozさん

傑作です!!
と言いきることにためらいを感じない作品です。
1993年の作品なので、厳密に言うと18年前ですね。
長い作品ですが、是非ご覧になってみてください。

by movielover (2011-01-29 14:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る