So-net無料ブログ作成

"LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON-潜水服は蝶の夢を見る(2007)" [movie-s]

作品を発表する度に、作品自体の出来とともにその作品のテーマの特異さで話題になる、
ジュリアン・シュナーベル監督作品。

孤高のアーティスト、ジャン・ミシェル=バスキアを描いた「バスキア」
キューバ出身の亡命作家でホモセクシュアルのレイナルド・アレナスの生涯を綴った「夜になる前に」
そしてこの「潜水服は蝶の夢を見る」では、42歳という働き盛りに突然の病に倒れ、
身体の自由を奪われてしまったELLEの元編集長ジャン=ドミニク・ボビーが、
全身の中で唯一動く左目の瞬きだけで綴った奇跡の自伝の執筆の経過を描く。
シュナーベルの一貫した映画づくりの姿勢、感性が改めて再確認できた、
そんな作品だと思う。

主人公ジャン=ドミニク(愛称:ジャン・ドゥ)はドライブ中に発作を起こし、
意識が回復したときには「Locked-in syndrome(閉じ込め症候群)」という状態に。
脳こうそくが原因で全身の筋肉が麻痺し、ほぼすべての運動機能が失われる症状である。
壊死させないために右目を縫い付けられ、左目以外は一切の動きが封じられている一方で、
意識だけははっきりしているという状態。それこそ、牢獄以上に人の自由を奪う、強力な拘束力。
唯一、意思の疎通を図る術(すべ)として残されていたのは、
使用頻度の高いalphabet(フランス語読みだとアルファベ)を読み上げる相手に、
瞬きをして彼が言いたい言葉を綴ってもらうというもの。
1つの単語を綴るだけでも数分を要し、
ジャン・ドゥのみならず、聞き手の忍耐力と時間も相当なものが必要になる。
はじめは"mourir(死にたい)"と執拗に綴っていたジャン・ドゥ。
魅力的な言語療法士アンリエットの導きで、次第に元々の明るく享楽的でシニカルな個性を取り戻し、
瞬きで自伝を執筆することを決意する。
唯一残された記憶と想像力によって、彼は自分を解放しようとする。
その執筆に要した瞬きの回数、なんと20万回以上。
執筆を助けた編集者クロードの情熱もすばらしい。
人間の忍耐力と意思の、究極の形を見せられたような気がする。
photo143391.jpg

魅力的な映画に欠かせない、特異な設定、個々の役者の力もさることながら、
なにより、ジャン・ドゥの感じる世界を、想像しうる限りの形で可視化した映像がすばらしい。
彼の視覚、彼の脳内を映像化させるために施した数々の工夫。
異世界から覗く現実の世界のような、どことなくエキゾチックで、どことなく浮遊感のある映像。
かぶさるように、彼の意識が実際には発されることのない言葉として、流れる。
彼の目に映る、妻、子、友人、医師、療法士・・・彼らに対するジャン・ドゥの気持ち。
回想シーンで徐々に明らかになる彼の人となり。
はじめはその映像の不思議な感じに戸惑うけれど、
そのうちそれぞれのエピソードがリアルな力を持って、観客の頭の中にすんなりと入ってくる。
病院に見舞いに来ることのできない、高齢の父との電話での会話が印象深い。
その父親役がエクソシストなどで有名なマックス・フォン・シドー。
この父にしてこの子あり、と言う雰囲気で、魅力的だった。
この親子のエピソードは女性とのエピソードとの対極で、この映画のひとつの柱になっている。

主人公の役は元々ジョニー・デップで進められていたそうだけれど、
アマルリックでフランス語での撮影になったことは、この作品にとってすごくプラスだったんじゃないかと思う。
決してジョニー・デップ批判と言うわけではないのだけれど、
実話の映画化だし、フランス版ELLEの編集者が英語じゃ様にならない。
そして何よりアマルリックと、周りの女性たちのバランスがすごく良かった。
家庭をあまり顧みなかった彼のパートナーにエマニュエル・セニエ。
キーパーソンになる言語療法士にマリ=ジョゼ・クローズ。
彼に愛情を感じてしまう編集者クロードにアンヌ・コンシニ。
けんか別れしても最後まで彼を愛する愛人役にマリナ・ハンズ。
これだけ豪華な女性陣に囲まれたら、男として本望な気もする。

原題の"LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON"は単純に翻訳すると(潜水服と蝶)という意味だけれど、
さらにそのイメージを膨らませるようないい邦題になっていると思う。
夢を見ること、記憶をたどること。
これは人間に許されたとても豊かな行為だと思う。
映画化の10日後に帰らぬ人となったジャン・ドゥの冥福をお祈りします。
photo143390.jpg

"LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON"
"THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY"
潜水服は蝶の夢を見る(2007)
2007/FRA=USA/112min

監督:ジュリアン・シュナーベル
製作:キャスリーン・ケネディ/ジョン・キリク
原作:ジャン=ドミニク・ボビー 『潜水服は蝶の夢を見る』(講談社刊)
脚本:ロナルド・ハーウッド
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ポール・カンテロン
出演:マチュー・アマルリック/エマニュエル・セニエ/マリ=ジョゼ・クローズ アンリエット・デュラン
アンヌ・コンシニ/パトリック・シェネ/ニエル・アレストリュプ/オラツ・ロペス・ヘルメンディア
ジャン=ピエール・カッセル/イザック・ド・バンコレ/エマ・ドゥ・コーヌ/マリナ・ハンズ/マックス・フォン・シドー

絶対に読んでみたい、と思った原作。

潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る

  • 作者: ジャン=ドミニック ボービー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/03/05
  • メディア: 単行本


潜水服は蝶の夢を見る [DVD]

潜水服は蝶の夢を見る [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • メディア: DVD


多作と言うわけではないけれど、印象的な作品を撮るシュナーベル。
やっぱり元々画家なので、他の監督とは一線を画す作品作りをしていると思います。

夜になるまえに【廉価2500円版】 [DVD]

夜になるまえに【廉価2500円版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アスミック
  • メディア: DVD


バスキア [DVD]

バスキア [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 4

まゆぺ

ぜんぜん知らなくてみたし、
最初はどう展開していくの?って感じだったけど、だんだんひきこまれたー。

たしかに、ジョニーじゃなくて、英語じゃなくて大正解だねぇ。
by まゆぺ (2010-08-25 10:17) 

movielover

>>まゆぺ

確かに!!
最初は??と思いながらついつい引き込まれる感じだったね。
ジョニーじゃなくて、英語じゃなくて、正解だった!!と思うよ。
by movielover (2010-08-25 23:21) 

moz

読んでみたい、見てみたい。
人間って、すごいですね。
by moz (2010-08-28 19:29) 

movielover

>>mozさん

私も原作も読んでみたくなりました。
人間って、すごいです。
by movielover (2010-08-31 21:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る