So-net無料ブログ作成

"SLUMDOG MILLIONAIRE"-スラムドッグ$ミリオネア(2008) [movie-s]

公開当時から観にいかなくてはと思っていたのに、
結局観そびれていた"スラムドッグ$ミリオネア"。

アカデミー賞作品賞を含む8部門で受賞、話題性も高かった作品。
いまさらながら、なぜ観にいかなかったのだろう、と思う。

いわずと知れたクイズ$ミリオネア-"WHO WANTS TO BE A MIRRIONERE"というイギリスの人気番組のインド版。
そのクイズ番組の勝者ジャマールが主人公だ。
スラム出身の無学な若者だったために不正を疑われ、最後の1問を残して警察に連行し拷問を受ける。
その彼が無実を晴らすために、どうしてそれぞれの問題の答えがわかったのか、
番組のVTRを見ながらその生い立ちを語る形で物語りは進行してゆく。
slamdog 001.jpg

まず感じたのがスラム街のリアルさ、スラムの猥雑さを浄化するほどの子供たちのエネルギーだ。
ダニー・ボイル作品の真骨頂とも言える、圧倒的な疾走感。
ムンバイのスラムを縦横無尽に走り回る子供たち。
slamdog 002.jpgslamdog 003.jpg
そんなテンポのよい映像に助けられ、
複雑に折り重なる偶然と運命が主人公たちを翻弄していく様が、
実に興味深く描かれる。
自分の命を守るために、貧困から抜け出すために、
したたかに生きてゆく主人公たち。
その成長に合わせて次々起きる出来事とクイズの緊迫感溢れる映像が交互に差し込まれ、
映画としての面白みを加速させる。

設定が非常に優れている以上に、
キャスティングだけでこの映画の大半は決まったといえるくらい、
役者の魅力に拠っているところも多いと思う。
泥臭さも、人間の醜さも、内包してなお魅力を放つインドという国と文化、
いいも悪いもすべてひっくるめての世界観。
久しぶりに、若さと情熱とひりひりするような痛みを伴うサクセスドリームを観た気がする。
観た後の爽快感と、インド映画(厳密にはインド映画ではないけれど)特有のハッピーなエンディングに、
きれいな芝生の上を思いっきり裸足で走り抜けたような満足感を覚えた。

"SLUMDOG MILLIONAIRE"
スラムドッグ$ミリオネア
2008/USA=UK/120min

監督:ダニー・ボイル
共同監督:ラヴリーン・タンダン
製作:クリスチャン・コルソン
製作総指揮:ポール・スミス/テッサ・ロス
原作:ヴィカス・スワラップ『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊)
脚本:サイモン・ボーフォイ
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
音楽:A・R・ラーマン
出演:デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル/フリーダ・ピント
アニル・カプール/イルファン・カーン/アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール
アズルディン・モハメド・イスマイル/ルビーナ・アリ


スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD


スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray]

スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る