So-net無料ブログ作成
検索選択

"THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON"-ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008) [movie-c]

「セブン」「ファイト・クラブ」に続いてのコンビ、
デヴィッド・フィンチャー監督&ブラッド・ピット主演の大作。
S.フィッツジェラルドの短編を元に、80歳の老人として生まれ、赤ん坊として死んでゆくという、
文字通りCURIOUS(数奇)な人生を歩んだ男の物語。
167分の大長編、盛りだくさんの一大スペクタクル・ファンタジーだけれど、
テンポも良く、後半はもう少し丁寧に描かれていてもよかったんじゃないかと思うほどの内容だった。

まず、導入部、病院で看取られようとしている老女とその娘らしき女性が語る、
時間を巻き戻したいと思った男、そしてその男の作った時計から発展してゆくストーリー。
徐々にひきこまれていく感じは、先の展開が読めない大作ファンタジーをわくわくしながら読み進めてゆく感覚に似ている。
何よりVFX、美術等の技術の進歩に目を見張る。
第81回アカデミー賞では作品賞を含む13部門にノミネートされ、
美術賞、視覚効果賞、メイクアップ賞を受賞したのも納得の映像。
映画館で見逃したのはやはり失敗だったかな…と少し後悔。
B BUTTON 002.jpg
別人の体にブラッド・ピットの顔を合成、さらに老人の顔に…。ものすごい技術だ。
さらにはブラッド・ピットだけでなく、相手役のケイト・ブランシェットのバレエシーンなども、
別人の体に彼女の顔をばっちりのせて編集してしまう徹底ぶり、
彼女は全編を通して完璧なまでの美しさ。
B BUTTON 005.jpg
ベンジャミン・バトンが80歳で生まれ、老人ホームという特殊な環境の中で、
少しずつ若返り、成長してゆく経過と、
その過程で周囲を混乱させる中身と外見のギャップがこの物語の面白みをさらに増す。
ベンジャミンの父親役のジェイソン・フレミングや、母代りを務めるクイニーを演じるタラジP・ヘンソン、
ロシアで恋に落ちる人妻役のティルダ・スウィントン等々、共演者たちも実力派ぞろい。
B BUTTON 004.jpg

それぞれの登場人物とベンジャミンの関わりを追ってゆくだけでも面白い物語だが、
この作品の根幹にあるのはベンジャミンの、他人には計り知ることができないマイノリティとしての苦労、
誰一人としてその肉体的な問題を共有できないという事実による異質さだ。
ただ、この作品では彼の苦悩は設定によりかなり中和されている。
幼い頃から彼の周囲にいるのは老人や黒人など、比較的マイノリティとして扱われる人々だからだ。
そして「恵まれている」ともとれる運の良さ。
こういう設定の甘い感じというか、何となく主人公に都合よく話が進む感じが、
J.アーヴィングの長編だったり、「フォレスト・ガンプ」を思い起こさせる。

そしてもう一つの物語の柱、
彼と語り部である老女デイジーの関係性は物語の進行に合わせて徐々に暴かれてゆく。
彼らは見た目のギャップを超越して、子供の頃から交友を深めた、いわば幼馴染のようなもの。
デイジーは初めから彼を外見も含めて自然に受け入れ好意を持つ。
しかし二人が外見的にも精神的にもぴったり釣り合う瞬間はほんの短い期間だけしかない。
その蜜月は本当に短くて、彼らはその事実ゆえに深く愛し合えたのかもしれないとさえ感じられる。
B BUTTON 001.jpg
B BUTTON 006.jpg
最後の展開は後半に入って何となく予測できてしまってはいたが、順当なエンディングだったと思う。

よくできているし、長編ながら飽きさせない、面白い作品だったと思う。
ただし、その良さと言うのは、視覚効果技術の物珍しさ、個々のエピソードの面白さによって成り立っている。
それらが寄せ集められた全体の雰囲気で、何となく「面白かった」というだけで終わってしまっていて、
残念ながら、心を動かされた、という感じは最後までしなかった。

それでも面白かった、ということに変わりはないのだけれど。


THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
167min/USA/2009

監督:デヴィッド・フィンチャー
製作:キャスリーン・ケネディ/フランク・マーシャル/セアン・チャフィン
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本:エリック・ロス
撮影:クラウディオ・ミランダ
編集: カーク・バクスター/アンガス・ウォール
出演:ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/ティルダ・スウィントン
ジェイソン・フレミング/イライアス・コティーズ/ジュリア・オーモンド/エル・ファニング
タラジ・P・ヘンソン/フォーン・A・チェンバーズ/マハーシャラルハズバズ・アリ
ジャレッド・ハリス /デヴィッド・ジェンセン


ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


一応、原作も読んでみようかな…。

ベンジャミン・バトン  数奇な人生 (角川文庫)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)

  • 作者: フィツジェラルド
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/01/24
  • メディア: ペーパーバック


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

S_S

ご訪問&niceありがとうございました♪

この作品、名前は何かで知って覚えていたのですが
この様な内容だったんですね
とても、面白そうな作品です
私の、観たい作品の中に加えておきます^^
って、なかなか時間が無く溜まるばかりなんですけど(笑)

by S_S (2010-04-16 08:33) 

movielover

>>S_Sさん

是非お時間あったら観てみてください。
純粋にエンターテイメントとしてすごくいい作品だと思います。
by movielover (2010-04-22 03:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る