So-net無料ブログ作成
検索選択

"SHINE A LIGHT(2008)"-ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト [movie-s]

なんて幸福な音楽と映像体験。
彼らを知っていても、知らなくとも、このステージは唯一無二。
The Rolling Stones "SHINE A LIGHT"

結成50年を迎えようかという化け物バンド、ローリング・ストーンズが、
NY ビーコン・シアターという小さな箱で演奏したライブを、
彼らと同年代の監督マーティン・スコセッシがドキュメンタリーとして完成した映画。
はじめは、スコセッシがストーンズのステージを撮るにあたっての懸案事項や、
バックステージ、準備の様子、心配性のスコセッシの様子や
なぜか元米大統領クリントンとその親戚たちだのが断片的に流れ(ここはいらないだろう)、
退屈というか「え??なんで??」というクエッションマークいっぱいの頭で観ていたのだけれど…
いったんステージが始まってしまうと、そんな退屈な感覚は一掃。
スコセッシの実力が光るのもここからと言えるだろう。
彼はここからの瞬間のために自らフィルムに登場していたのかもしれないと思う。

トップはキースのギターから始まるMy Favorite"Jumpin' Jack Flash"
これは以前担当していたブランドの展示会用に編集したCDのトップにも使わせてもらった思い出の曲。
題名通り軽やかにジャンプし、腰を振り、シャウトするミックと、
独特の存在感で圧倒するキース・リチャーズ、キュートなロン・ウッドと、
ストーンズ一、堅気な感じのチャーリー・ワッツ。
言葉など必要ない、至福の音楽体験スタート。
間に挟まれる昔の映像は現在の彼らを示唆、もしくは否定する形で進む。
前半のハイライトはThe White StirpesのJack Whiteと演奏する"Loving cup"と"名曲"As tears go by"
後者はマリアンヌ・フェイスフルでヒットした曲だけれど、聴いただけで涙を流せるくらい好きな曲。

中盤はカントリー調"Faraway Eyes"やマディ・ウォーター"Champagne & Reefer"
しかもBady Guyがゲスト。Bady Guyとミック、キースの掛け合いも見事。
そして文句なしの人気ナンバー"Tumbring Dice"
Happyなナンバーの連続に徐々に気持ちもあったまり、
バンドメンバーの紹介を経て後半戦へ突入。
キースがボーカルでロンがギターを受け持つ味のある2曲を経て、
再度ミックが登場する名曲"悪魔を憐れむ歌-Sympathy for the devil"の頃にはステージもかなりあたたまり、
ここからミックのステージングの切れ具合は真骨頂へ。
唯一の女性ゲスト、クリスティーナ・アギレラと絡む"LIVE WITH ME"
「かっこいいーーーーーーーー」の一言しかない。
もともとC.アギレラの歌唱力には一目置いていたけれど、
彼女とミックが融合することによって感じられた興奮は忘れ難い。
この曲にたいしてミックはひとこと"I loved it!!"
そして80年代のキャッチーな”Start Me Up"
名曲"BROWN SUGAR"と続き、
ラストは"(I CAN'T GET NO)SATISFACTION"

同時期のモンスターバンド、BEATLESは、ジョン・レノンというキーマンを失い、
バンドとしての存続が未来永劫不可能になってしまったけれど、
The Rolling Stonesは彼ら4人が生きている限り未来永劫続きそうな気がする。
彼らの音楽、バンドとしての矜持はそのサウンドだけでなく、
セクシーなその体型と1ステージ丸々動き続けられるそのバイタリティに現れている。
そりゃ、20代のころに比べれば絶対に老いているし、動きも悪いと思う。サウンドにしても然り。
普通に考えたら、鍛えているスポーツマンだって誰だって、20代の頃に比べたら絶対に運動量は落ちるから。
でも世間の同年代のおじさまたち、文句ばっかり言ってないでじっくり観てみてほしい。
ミックのあのセクシーな腰付きはどんな女でも引きつけられる…と思うけれど。
彼らのように幾つになってもあんな表情で熱くなれる男に惚れたいな。

あえて映画館ではなく、部屋でじっくり堪能で来て良かったかも
(なぜなら映画館なら周りが気になってエキサイトできないだろうから(笑))。
是非、70になってもその魅力で惚れ直させて欲しい、そんなバンドのステージ。

"SHINE A LIGHT"!!!!!!

sal_bnr_b.gif

SHINE A LIGHT
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
2008/USA/122min

監督:マーティン・スコセッシ
製作:ヴィクトリア・ピアマン/マイケル・コール/ゼイン・ワイナー/スティーヴ・ビング
製作総指揮:ミック・ジャガー/キース・リチャーズ/ チャーリー・ワッツ/ロニー・ウッド
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:デヴィッド・テデスキ
出演:ザ・ローリング・ストーンズ

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト コレクターズBOX (完全限定生産) [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト コレクターズBOX (完全限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


ストーンズの過去の映像に興味があれば

ザ・ローリング・ストーンズ / ギミー・シェルター 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ / ギミー・シェルター 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



光と影~ザ・ローリング・ストーンズ~その真実 [DVD]

光と影~ザ・ローリング・ストーンズ~その真実 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バウンディ(株)
  • メディア: DVD



ザ・ローリング・ストーンズ/ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ/ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(2) 

nice! 2

コメント 6

ken

ストーンズファンじゃない僕でも充分に楽しめるライブ映像でした。
スコセッシがマヌケなクラウン役を買って出ていて、
それが一瞬、橘家圓蔵師匠に見えたのが笑いました。
by ken (2010-01-30 11:59) 

movielover

>>kenさん

スコセッシあってのライブ映像ですね。
橘屋圓蔵師匠…画像検索してしまいました。


…確かに、ちょっと似てるかも(笑)。
by movielover (2010-01-30 23:58) 

ジジョ

めずらしくDVD買っちゃいましたよ、この映画^^;
ほんとかっこよかった〜☆
by ジジョ (2010-01-31 22:20) 

movielover

>>ジジョさん

私もDVD買おうかと思ってます。
ホントかっこい~ですよね♪
by movielover (2010-01-31 23:29) 

Okada

先日はトラックバックありがとうございました。
遅くなりましたが、こちらからもトラックバックさせて頂きました。
『SHINE A LIGHT』はまず映画館で観たい映画ですね。
大きなスクリーンと5.1chの音響で聴くサウンドの迫力は凄かったです。
自宅のテレビでは映画館ほどの迫力はなかなか出ませんでした。
またいつか再上映されることを願うばかりです。
by Okada (2010-02-07 14:37) 

movielover

>>Okadaさん

TB、コメントありがとうござます!
確かに映画館でも観るべきですよね。
再上映されたら観に行きたいです♪
by movielover (2010-02-07 22:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る